前へ
次へ

相手との間柄によって結婚祝いの予算を決めていく

人生の中で最も輝く瞬間はなんといっても結婚であり、お祝いには何を送ったらよいかとても悩みます。せっかくの結婚祝いですから二人が喜ぶものを選びたいですが、まずは自分としてとの間柄がその程度のものか、そこから確認が必要です。とても仲の良い間側もあれば、会社の同僚として一定の距離のあるお付き合いの人や、親せきや家族など相手とも間柄は違います。それくらいの間柄かを考えてみて贈り物をする相場をはじき出して、予算を決めてから何を贈るかを考えることです。お祝いを贈る相手が家族だったら費用は3万円から10万円を目安とすると良いですし、半分くらいの金額は親せき向けの予算になります。働き始めると仕事関係の結婚祝いが必ず発生祖するので、同僚だったら5千円から上は3万円くらい、会社の上司が結婚となれば1万から3万円ほどが目安です。もしも結婚をしたのが自分のほうが先ならば、同僚などにはもらったギフトと一緒くらいの金額のものを贈るようにします。

Page Top